マルチポリフェノールを作ってる理研ビタミンとは?

マルチポリフェノールを作っている理研ビタミンとはどんな会社でしょうか?

設立は戦後すぐの1949年8月、上場は1961年10月と歴史のある会社なのですね。設立当初は理化学研究所という名称で事業を行っていましたが、今では海藻、ドレッシングなど他の食品会社とは一味違った特色のある企業として存在しています。

事業展開としては、わかめスープやノンオイルドレッシングなど、名実ともに健康にフォーカスして商品開発をしています。また、コンシューマー向け食品だけでなく、食品・工業用の改良剤なども提供しています。

連結の事業構成は、国内食品が67%、国内化成品が7%、海外事業が26%となっています。現在の事業状況は、国内食品は「だし、わかめ」とも堅調。「ドレッシング」もノンオイルの商品改革が効果を発揮し、2016年度は最高益を実現しています。新規開拓としては、天然触感を意図した冷凍わかめを業務用途を主として販売拡大を目指しています。

理研ビタミンのポジションは、食品業界では時価総額順位171社中39位。競合会社としては太陽化学、キューピー、味の素が挙げられます。また取引先としては仕入、販売とも伊藤忠商事が深く関わっています。本社は千代田区三崎町で、支店は全国各地に、工場は草加、千葉、東京、京都、大阪にあります。 連結会社は理研食品、栄研商事、健正堂です。

独自色を持った企業には、今後もがんばって日本を食から元気にしてもらいたいものです。マルチポリフェノール お試し

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !