家族の写真を季節ごとにまとめる「アルバム動画」作り

膨大に撮った写真の管理には困りものです。特に子供が小さいうちはあれこれついついカメラで写真を撮りたくなる瞬間が多いけれど、それをいちいち写真屋さんや自宅でプリントアウトしてアルバムにきれいに貼ったりデコったりするのも時間がないし、センスが必要とされるのでなかなか難しいですよね。とはいえ、ジジババたちが遠方に暮らしているご家庭などは折に触れて、孫のかわいい成長の見える写真を見せたいものです。

私は今や趣味になってハマってしまっているのですが、写真を集めて動画にするアプリやパソコンソフトを利用して、季節ごとに家族の写真や思い出アルバムを動画としてまとめています。パソコンが苦手な方などは特に「動画作り」なんて聞くと、すごく難しいことのように聞こえるかもしれませんが、最近のアプリやパソコンソフトは非常に操作も簡単であっという間に作れたりするので驚きます。

自分の好きな音楽や、子供の思い出の曲などをちりばめて「今」を詰め込んだ動画作りをするのが私の目下の趣味です。ジジババ達にも1年ごとにまとめてDVDにして送ったりするととても喜んでくれます。なにより自分たち家族のかけがえのない「思い出アルバム」になるので自分自身も作るのが楽しみでしかたないです。動画作りのために凝った写真を撮ってみたりと、カメラのテクニックや知識も自然と増えてきて、家族みんながハッピーになれる趣味になっていると思います。

アイキララ アマゾン

すべてを政治のせいにするような報道からの脱却を

“政治と経済を絡めるニュースが多いなと感じています。

毎日の株価やTPP問題もそうですが、選挙のたびに政治に経済改革を求めるような報道が多くなるのも問題です。もちろん公共工事といった税金に関係する分野も多いことから、政治=経済のような構図になることはある程度しょうがないのかもしれませんが、メディアが都合の悪いところをすべて政治のせいにしてるようなフシがあって残念ですね。

元来経済とは、国民全員で回すものです。戦後の復興期から高度経済成長期を経て、私たちの祖先がみんなで頑張ったから今の日本があるわけで、その頑張りに比べたら政治が経済に関与できる余地など微々たるもののはずです。ですから、報道する側のメディアの人たちはそのあたりも踏まえて報道をするようにしてほしいです。

まず第一に、きちんと出来ているところや上手くまわりはじめているところを中心に国民が明るくなれるようなニュースの割合を増やしていくべきでしょう。今の日本のダメなところを重点的に報道しすぎです。そして、ネットなど芸能人や他人のアラなどを指摘できる場が増えているのも問題で、そういう社会になってしまうとさらにみんなが生きにくい社会になってしまうので、そろそろ日本全体でそういった悪癖を変えていくという方向に持っていかなくてはならないと考えます。”
ゼルタイン 増大サプリ 男根へのBIG効果がすごい

日本政府が巡航ミサイル導入を検討

“日本政府は北朝鮮の核・ミサイル開発による緊張の高まりなどから、巡航ミサイルの導入を検討すると発表しました。
日本は憲法9条により他国への攻撃は認められておらず、軍事力を防衛のためにしか使うことができません。
巡航ミサイルは敵地を攻撃するためのミサイルであり、このミサイルを導入したところでどのように使うのか疑問です。
北朝鮮の脅威に対抗する狙いとのことですが、日本側からミサイルを撃つことは考えられませんし、アメリカ軍基地が多くある日本で、日本が巡航ミサイルを導入したところでそれが今さら北朝鮮の脅威になるとも思えません。
高い費用を使ってミサイルを購入しても、使わないまま置いておくのであればなんの意味も持たないと感じます。
それであればそのお金を経済や社会福祉に回した方がよっぽど有意義なのではと感じました。
北朝鮮とアメリカの緊張は今や周辺諸国も巻き込み、もちろん日本も例外ではありません。
むしろ海を隔てた隣国として積極的に解決に向けて行動してほしいと思いますが、今まで繰り返し行われてきた北朝鮮のミサイル発射実験に対しての日本の姿勢は消極的なようにも感じます。
そのような姿勢がアメリカを動かし、現在の緊張状態を作りだしています。
武力的な解決しか見出せない今の状況は、日本にとってメリットが少ないように思われるので、間接的にでも外交によって解決されるべきだと思います。”
快適スルン お得に安く購入するには 妊婦ママ授乳中でも安心

大人ニキビの治し方について

顔に出来たニキビを放置していると悪化していきます。
酷くなると治ってもニキビ痕として残ってしまいます。
ニキビ痕が残ると一生後悔する可能性もあります。

ニキビが出来るのを防ぐため効果がある方法がいくつかあります。
まずは、正しい洗顔を行う事が重要なポイントとなります。
洗顔料を使った朝と夜の2回の洗顔をする必要があります。
脂を落としたいからといって一日に何回も洗顔をすると肌が乾燥してしまい逆効果となります。
朝と晩の2回をしっかりと洗顔する事が大切です。洗顔の方法としては、まず自分の手を綺麗に洗います。
雑菌が付いているとニキビが更に悪化するリスクがあるためです。

次に顔をぬるま湯で洗い毛穴を開かせます。毛穴が開かなければ汚れや皮脂が取れません。
毛穴が開いた所で、洗顔料を泡立てます。泡に弾力が出るくらいまで泡立てる事がポイントとなります。
泡立てた洗顔料を顔に塗り円を描くように顔に塗っていきます。
泡で顔を洗うようなイメージで皮脂を落とします。
毛穴の皮脂までしっかり落とす事で新たなニキビの予防へと繋がっていきます。

次にニキビ予防として効果的な睡眠を取る事も大切です。
睡眠が足りないと自律神経の働きが狂い皮脂の分泌が多量になってしまいます。
しっかりと睡眠を取る事で、自律神経も正常となり皮脂の分泌量も過剰になる事を抑えられます。
肌に良い影響を与える睡眠時間としては、7時間のため出来るだけ7時間以上睡眠を取ると良いです。

ニキビ跡にビタミンC美容液!

見れば見るほどはまってしまう演劇鑑賞について

私が2年前くらいからはまり始めた趣味は演劇鑑賞です。きっかけはTEAM NACSのお芝居を見たことです。生で見るプロの迫力に圧倒されたのを覚えています。

初めて演劇をみたのは学生時代にみた芸術鑑賞のお芝居でした。学生時代はただただだるくてちゃんとみていませんでした。今となっては本当にもったいないことをしたなと思っています。TEAM NACSはかなり大きくて有名ですが、各地方で小さい劇場で毎週のようにお芝居が行われています。そこに足を運び、毎月1回は観劇することが私の楽しみです。そこの地方でしか活躍されていないですが、一癖二癖もっている役者さんや演出家のみなさんがいて本当に勉強になるし、楽しい時間をすごさせてもらっています。

たまに友達にもみてみない?と誘ってみてはいるのですが、知っている役者さんがいないとのことで断られてしまいます。本当にもったいないなと思うくらいです。

また北海道では「演劇シーズン」というものが行われていて、毎年夏と冬に2回行われています。シーズン中の上映作品は5つで1作品が1週間上演されていて演劇好きにはたまらないものです。チケットの取り方がわからないなど、いろいろ問題はあると聞きますが、少しでも興味があるなら是非とも劇場に足を運んでほしいです。みた後のお酒はたまりません!

エクスレンダー アマゾン

文房具が好きで、よく文房具売り場に行きます。

文房具が趣味です。この時期は来年の手帳が出始める季節ですので結構ワクワクしています。

以前はほぼ日手帳が気になって使っていました。毎日が楽しくなるような手帳です。今は、伊東屋さんの手帳を使っています。

スタンダードなビジネス手帳で薄くて軽くてボケットに「すっ」と入ります。そして、日曜始まりというところも気に入っています。

最近は月曜始まりの手帳がたくさん出ています。しかし、大きなカレンダーは日曜始まりです。

本来、1週間は日曜日から始まります。そういうことで伊東屋さんの手帳はお気に入りのアイテムです。

また、手帳にどんなカバーをつけるのかも楽しみの一つです。買った時に付いてくるカバーをそのまま使うのも良いですし、革製のカバーを使うのも良いです。気分に合わせて変えています。

そして、手帳に使う筆記具は基本シャープペンシルです。修正や変更が必ず入ってくるので消しゴムで消すことのできるシャープペンシルを使っています。

私はラミーのシャープペンシルを使っています。ペンシルの芯も結構いろんな種類が出ていまして、折れにくいぺんてるの芯を使っています。

手帳は毎日持ち歩くものですし、時間管理をしてくれる大切なものです。自分の毎日の生活を豊かにしてくれる手帳の使い方をもっと楽しく工夫したいなと思う今日この頃です。

アトケアプロクリーム

妊娠中には健康第一

妊娠中には健康がとても大切です。なぜならば、今までのように風邪や病気の時に病院で薬を処方してもらえるとは限らないからです。妊娠二か月ころには、産婦人科で体の不調を訴えても「今はちょっと我慢しようか。」とドクターがつぶやいて薬を処方されないことも多々あります。

安定期になって、今まで通りの薬を処方してもらえることもあるのですが、やはり使えなくなってしまう薬もあります。過去に処方された薬は必ずドクターや薬剤師さんに相談してから服用するように心がけることが大切です。

外用薬でも使えないものがあります。ロキソニンやボルタレンはその代表ともいえますので、勝手には使用せずドクターに相談してみましょう。男性の育毛用の薬も、妊娠中の女性が触ってはならない薬の一つです。これは触れてもだめ、といいう驚きの薬ですから、育毛用の錠剤が自宅にある場合には注意が必要です。

風邪の症状がはやりだす季節には、うがい、手洗い、マスクなどで感染症の予防対策が効果的です。薬を飲めない病の治療は、なかなかしんどいものです。病気にならないように最善の対策をとれるように心がけておきましょう。

妊婦用のインフルエンザの予防注射は大変有効だといわれています。インフルエンザがはやります季節にはおすすめの予防注射です。予防注射の効果はおよそ半年だといわれています。その効果は、出産後に授乳するときにも赤ちゃんに伝わりますので冬場にはぜひ予防注射をいたしましょう。

葉酸サプリのベジママを買うなら、最安値で買いたい!

クレンジングは落ちやすさを重視!

クレンジングで重要になるのは、洗浄力です。メイク汚れが残っていると、シミやシワ、くすみの原因になるため、きちんと落とすことが重要になります。

やはり、洗浄力はとても重視すべき点になるため、口コミなど参考にして、クレンジング選びを考慮すると良いでしょう。オイルクレンジングは特に、クレンジングの中でも洗浄力もあるため、肌になじみやすく、ハードなメイクもしっかりと落とすことができます。オイルは濡れた手で使えない物も多いため、きちんと乾いた手で使用するようにしましょう。使い方をきちんと理解してクレンジングを行うことが大切です。

手にオイルクレンジングを適量取り、その後しばらく手の平で温めてから顔全体に馴染ませていくと、次第にメイクが浮き上がってきます。鼻の横部分や口元など、シワができやすい部分は、特に念入りにオイルを染み込ませることが重要になります。オイルをつけた後はこすらずに、しばらく馴染ませると浮き上がってくるので、それを拭き取ったり、ぬるま湯で流すなど、きちんとメイク汚れを落とすことが重要です。

目元はデリケートなので、オイルクレンジングをコットンに含ませて、軽く押さえるような感じにすると自然とメイクがキレイに落ちます。こすらずに、軽く押さえるような感じでクレンジングを使用することがポイントです。クレンジングを正しく活用することでメイク汚れもしっかり落ちますし、肌に馴染んでキレイな素肌をキープすることができます。

ダブル洗顔不要のクレンジングは簡単すっきりなのでおすすめします

浮腫み解消にバナナが手軽です

もともとデスクワークだったので直ぐにひざ下が浮腫んでしまう体質とわかっていました。なので妊娠中には気を付けなければとあれこれと対策を検索。塩分控えめにして運動をそこそこ頑張ればいいとは先輩ママのアドバイスは受けたものの、そんなことができる私ではありません。そう、手間暇かけず手軽に対策をしたかったのです。

サプリや食材などの情報が山ほどある中で私が選択したのは、バナナです。バナナはカリウムが豊富なので浮腫み対策にはうってつけのフルーツ。しかも安価で買え、しかも近所のスーパーやコンビニなどでいつでも入手可能です。プラス、食べ方にも工夫ができるので飽きないと考えました。

そのまま食べるのも良し。カットして凍らせるのも良し。牛乳を混ぜてバナナジュースにしても良し。シリアルのトッピングにも活躍します。バタートーストの上に載せて少しだけグラニュー糖を振りかけて焼くと何とも言えず香ばしい逸品が完成!

これは食欲旺盛な時にもあまり罪悪感を感じないスイーツ兼ランチとして何度も食べました。ヨーグルトとのコンビネーションは最強で、つわりの時にフルーツ酢をかけて食べると平気だったこともあります。とにかく様々な工夫で楽しめるバナナで浮腫みを予防していました。

お陰で定期検診の時にも問題なし。先生が足首をギュッと抑えて「浮腫んでないね」と言うと、バナナ対策が報われたと嬉しくなったものです。おそらく便秘しなかったのもバナナのお陰かなと思っています。

葉酸サプリで鉄分やカルシウムも摂れて一石二鳥!

大人ニキビに悩まされる日々

私は37歳なのですが、いわゆる「大人ニキビ」で悩んでいます。
なるべくストレスを溜めないようにはしているのですが、時々鼻の頭とかにニキビができてしまいます。
鼻にできると、ものすごく目立つので、これがまたストレスになってしまい、悪循環になっています。

ニキビができないよう、生活習慣など改善はしているのですが、なかなかニキビかた卒業することができません。
一度、皮膚科に行ってみたのですが、その時は一時的にニキビから解放されたのですが、やはりニキビができてしまいました。

10代の頃はニキビができても、治っていたのですが、今ニキビができると、なかなか治らないのが現状です。
食事や生活習慣の改善など、いろいろと努力はしているのですが、油断するとついニキビができてしまいます。

今では、ニキビができてもつい諦めモードに入ってしまいます。
あまりストレスを溜めないよう、気を付けているのですが、現代社会、ストレスを溜めないというのは、なかなか難しいものです。
今もニキビに悩まされる日々を送っています。なるべくストレスを溜めないのがニキビを作らない一番の方法と考えます。

しかし、ストレスを溜めないということは、現実的に難しいことで、ニキビを作らないということは、困難なことです。
ですので、ニキビケアをきちんとして、なるべくニキビができないようにしたいと考えています。
「大人ニキビ」という言葉があるように、大人になってもニキビに悩まされます。
自分に合ったニキビケアをして、大人ニキビをなるべく作らないよう日々の生活を送っていきたいです。

背中 ブツブツ クリーム