妊娠線予防ケアは妊娠初期からこまめにするのがおすすめです。

一人目の子供を妊娠した際に、先にママになった友人から妊娠線予防のクリームを絶対に塗ったほうがいいと勧められました。正直まだお腹が膨らまないし全く実感がなかったのですが、たまたま妊娠中の学時代の友人に久しぶりに会った際、臨月のお腹を見せてもらいました。そしてそのお腹の大きさに驚いたのと、初めてみる妊娠線に衝撃を受けました。

友人はケアをするのが遅かったと言っていましたが、お腹が大きくなる前からきちんとケアをした方がいいと言われて、絶対にケアをしようと思いました。妊娠予防クリームというのはありましたが、私はずっとエステに通っていて、妊娠をしてからもフェイシャルだけお願いしていました。その時に妊娠線のことを話をすると、乾燥を防ぐことが一番いいということでボディクリームを勧めてもらいました。

妊娠してから私はお腹を始めとする痒みがひどくて仕方が無かったのですが、これもこのままの状態を放置しておくと乾燥から大きくなるお腹の皮膚が割れてしまった妊娠線になってしまうということが分かりました。

ボディクリームを一日にこまめに塗り続けることで、痒みも軽減しましたし何よりもお腹の皮膚がしっとりしていることから、妊娠線を予防てきているかもしれないという安心につながりました。私の場合は、妊娠4ヶ月くらいから塗り始めましたが、初期から乾燥を防ぐという形で塗るのもおすすめです。

私もおかげで妊娠線ができませんでした。あと、急激な体重増加も良くないようなので、できるだけ自然な形でお腹が大きくなることをイメージしながら、ボディクリームを優しくお腹に塗るのがおすすめです。お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションにもなって気持ちも落ち着いてよかったです。

妊婦になったら肉割れに気をつけて!おすすめクリームの紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です