アイケアに関する毎日の習慣を見直してみませんか?

女性にとって顔はとても重要、中でもとくに目元は皆さん気になる部分ですよね?
早ければ小学生位から大きい、小さい、二重、一重などが気になるようですし、もう少し成長するとメイクをして目の印象を変えたり、まつ毛を長く見せるためにカールさせたり、アイプチ、カラーコンタクトと理想の目に近づけるために果てしない戦いが始まります。

それでなくとも目の周辺の皮膚は薄いにもかかわらず毎日の瞬きや表情の変化で酷使しています、なので体調によってはクマが出たり、また年齢を重ねると皺やたるみが現れるのも早いです。
年齢と共に現れるお肌の変化はある程度避けられないのは仕方のない事すが、少しでも遅くし今のお肌を維持したい!と思うのは世の女性の切なる願いです。

そこでなにより重要になってくるのは、毎日の何気ない習慣やお手入れだと思います。
目の周りの皮膚は薄いと言いましたが、身体の皮膚に比べると顔の皮膚は薄いのをご存知でしたか?一年中紫外線や外気にさらされていて尚且つ薄い皮膚ということは何もしないでいると当然劣化も速いのがあたりまえなんです。

なので顔のお肌のお手入れが重要になってきます、紫外線予防は当然の事保湿ケアも大切ですしもっと大切なのは何気ない習慣です。
タオルでゴシゴシ拭いたりきついシャワーを顔に直接あてたり、良かれと思って目の周辺を強くマッサージするなどを日々繰り返す事こそが一番皮膚のたるみや皺の原因になるのだと思います。

そんなささいな習慣以外にアイメイクの酷使も落とす時に肌への負担は多そうですね。
若いうちは深く考えず無意識に行っている日々の習慣こそが、年齢を重ねたときに確実にお肌に現れる一番の原因になりますのでお手入れは抜かりなくやっているつもりでも肝心な所が間違っているとすべて無駄という事にもなりかねませんので、今一度悪習慣が無いかを改めて確認してみましょう。

アイクリームでしわは改善されるのか?おすすめクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です