快眠のために毎日心がけていること

寝不足をすると、目の下にクマができ、顔色が悪くなり印象がよくありません。なので、しっかりと、睡眠をとるようにしています。

しかし、ただ長時間寝たらいいわけではなく、いい睡眠をとるのが大切です。

まずは、お風呂のタイミング。お風呂上がりの2時間後が一番眠りに入りやすいと、聞いたのでいつも逆算して入っています。それと、必ず湯船に浸かるのです。シャワーだけだと疲れがとれないのです。ゆっくりと湯船につかってリラックス。

そして、お風呂からあがると軽いストレッチをします。1日働いて固まってしまった体をほぐしてあげると気持ちもほぐれてくるのです。

よく、寝る前にお酒を飲むと眠りやすい。と、聞きますがこれは、逆だそうです。確かにすぐに眠れるのかもしれませんがいい睡眠はとれないそうです。なので、なるべくお酒は控えています。

そして、誰もが当てはまる携帯、パソコン。これは、ブルーライトの影響で目が疲れてしまう上に、寝つきを悪くしてしまうのです。なので、なるべく夜遅くまで使わないようにしています。

後は、寝室。寝室ではお香をたいています。その日の気分に合わせて香りを変えて楽しんでいます。そうするとリラックスできるのです。そして、寝るときには、テレビをつけないようにしています。

ちょっとした心がけで快眠は得られます。

ピューレパール かゆい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です