歯磨き剤のホワイトニング効果

白いきれいな歯というのは気持ちよく、あこがれの対象でもあると思います。その白さがなくなるのは、いわゆる歯のよごれや着色と歯そのものの色がくすむ2パターンがあります。

歯そのものの変色については素人ではどうしようもなく、自宅でできることもほぼないと言っていいと思います。加齢的なものであったり、人種的なものなど遺伝的な要素もあるので人工的に白くするしか方法がなく、審美歯科などのプロにホワイトニングをやってもらうことになります。

一方でいわゆる、歯の表面による汚れやシミについては、自分で自宅のケアで改善できることもあります。例えば食べた直後についた汚れについてはすぐにしっかり歯磨きをすれば汚れはほぼ完ぺきに取ることができます。特に歯磨き剤にこだわらなくても、うがいをするだけでもとれることがほとんどです。

歯の表面の汚れについてはもう一つ徐々に茶渋のように着いたシミです。これらのシミはコーヒーなどを習慣的に口にしていると知らず知らずの間に汚れが蓄積していて知らない間にシミとなって目立ってくるということです。こういった色の汚れはうがいをしたぐらいでは取れません。また通常の歯磨きをしてもなかなか取れないことも多いのです。

しかし、ホワイトニング効果で汚れを落とす研磨剤などが入った歯磨き剤を、習慣的に使うことでこと汚れを落とし、つきにくくするものもあります。歯垢除去や臭い対策のみの歯磨き剤よりも、汚れを落とすために研磨剤などが入った歯磨き剤はやはり汚れには効果が感じられます。

ヤニ取り 歯磨き粉 ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です