定期コースであった解約トラブル

通販を良く利用する人は、ちまたにある定期コースのトラブルの事例はよく理解しておく必要があります。以下は実際にあった具体例です。

【ポイント】SNSで見つけた化粧品の無料トライアルを「お試しだし、継続することもないから」と気軽に申し込んだら、実際は定期購入になってしまっていた。すぐに解約したい。

【内容】テレビでよく見るタレントが使っているという美容液の広告をSNSで発見し、 「初回お試し1500円」「送料無料」という条件に惹かれて注文した。後日送られてきた配達元を見ると何と海外の住所。商品と同梱の書類に「30日以内に以後の手続きを行わない場合は毎月決まった日に商品を送る。商品の値段は10,000円」と書いてあった。WEBページから「商品発送中止」の手続きを行おうと思ったが、肝心のホームページが見当たらなかった。やむを得ず国際電話で販売会社にかけると現地の方の対応で日本語が全く通じなかった。 当初から騙すことを目的で意図してたものなのか。納得できない。

これは、小さい字で解約条件が記載されているという次元を超えた悪徳商法ですね。実際に注文する際は、販売会社がしっかりと事業を行っている会社かどうかチェックする必要があります。解約情報サーチはそのあたりの情報を提供してくれていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です